Message社長あいさつ

地域とともに、顧客とともに築いてきた「増永ブランド」
社員とともに、次の100年につなげていきたい。

私たちの仕事である、綜合建設業というものは、社会生活の基盤になるものです。社会の中でどのような役割を担っているのか、しっかりと把握したうえで業務に取り組むことが、これまでの100年と同様に、これからの100年も、求められるものだと考えています。時代によって技術は進化していますが、創業当時から変わらないのは私たちが建設業であることです。創業者は、大正時代にコンクリート建設の専門家として、増永組を設立しました。それから時代とともに新しいものを取り入れながらも、そのコアな部分は変わらず、顧客の要望にしっかりと応える、顧客のためのものづくりに取り組んできました。いわゆる、手づくりの一品ものです。それこそが、顧客とともに築き上げてきた「増永ブランド」そのものであり、このブランドを次の100年にしっかりと受け継いでいくことに、誇りを持って取り組んでいきたいと思います。

代表取締役 堀 文昭

代表取締役 堀 文昭

  • < 経歴 >
    昭和19年6月5日生まれ
    鹿児島大学農学部獣医学科卒
    中央大学法学部卒
    S44年4月熊本県庁入庁
  • H15年4月熊本県林務水産部長
    H16年3月熊本県庁退職
    H19年11月代表取締役会長に就任
    H27年11月代表取締役に就任
    熊本県建設業協会会員

History増永組のあゆみ

infinityつながる未来、つながる技術。

信頼

期待に応えることが、
増永ブランド

要望に対して、まじめに取り組む。
その積み重ねが大きな「信頼」へとつながる。

私たちが積み重ねてきた技術や実績は、地域とともに歩んで得てきたものです。要望にしっかりと耳を傾け、その要望を実現するためにまじめに、全力で取り組んできた結果が、今日の信頼につながっていると考えています。お客様の期待に応えることこそが、信頼に応えることであり、近道や早道ではなく、着実に一歩ずつ信頼を積み重ねてきたことが、増永ブランドにつながっています。今の信頼が最終のゴールではなく、これからもお客様との関係をしっかりとした足取りで、誠実に築いてまいります。

  • 大正10年 創業
  • 昭和47年 創業50周年 旧社屋落成
  • 平成30年1月建設の新社屋

歴史

百年積み上げてきた、
増永ブランド

地域の企業、暮らし、そして風景。
とともに歩んだ100年の歴史。

大正10(1921)年の創業以来、熊本の総合建設会社として100年もの間、地域の企業、暮らし、そして風景とともに歩んできました。この間、社会は大きく変化し、それとともに建設をとりまく技術やトレンド、まちづくりの考え方も時代とともに変化してきました。私たちの企業としての歴史は、そのまま熊本のまちの歴史。その時代、その時代のニーズに誠実に応えてきた歴史でもあります。これから先、私たちがこれまで経験したことのない時代を迎えることでしょう。ただ「地域のために貢献する」という信念は、どんな時代になっても変わることはなく、信頼に応える努力を重ねてまいります。